「ウリハッキョ」自主上映・日本公式ブログ

「ウリハッキョ」ー北海道朝鮮初中高級学校での日常を描いたキン・ミョンジュン監督のドキュメンタリー映画(2006年釜山国際映画祭雲波賞受賞作品)の日本自主上映・公式ブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

金明俊監督・北陸のウリハッキョを紹介します。

hoku1


10月には北陸朝鮮初中級学校を行って来ました。
福井県にある北陸ウリハッキョは福井、金沢などの同胞たちが建てた学校です。 この地域の朝鮮の子供たちはその広い地域に一つしかないウリハッキョに通います。

hoku2

しかし、近年全国の同胞たちが経験している状況と同様、ここも例外ではありませんでした。


郊外の山のふもとに位置するこの学校が建てられた時は、学生数が150人以上の大きい学校だったと言います。

しかし今は大きな校舎に生徒が 21人です。
それも初級部、中級部を合わせて 21人だそうです。 先生たちを含めても30人にも満たない人員の学校です。

それで運動場は常に雑草が茂っています。 子供達がたくさんいれば常に運動場が子供達であふれているだろうし、それでは雑草の伸びる余裕もないでしょう。

※下↓をクリックすると記事の続きが読めます。

[金明俊監督・北陸のウリハッキョを紹介します。]の続きを読む
スポンサーサイト
  1. 2007/12/16(日) 22:36:53|
  2. ★金明俊監督の部屋
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

金明俊監督・「ウリハッキョ」新潟上映会に行ってきました。

※ 「ウリハッキョ」韓国公式ブログ11月14日記事を新潟上映実行委員会の金子博昭さんが、早速翻訳してくださいました!!カムサハムニダ!!

※ ※ ※

新潟は僕にとってとても意味のある場所です。
映画「ウリハッキョ」で、北海道21期生徒たちの祖国訪問に行く時、
マンギョンボン号が出発した港が新潟港でした。

子どもたちを見送った後、寂しい思いで北海道に戻りながら、
とても複雑な気持ちになった場所でもあります。

11月3日、新潟で「ウリハッキョ」上映会が開かれることになり、
再び新潟を訪問することになりました。
2回目に訪問した新潟は、僕にもっと新しい意味を持って迫ってきました。

nigata3

(新潟上映会が開かれた市民会館(=ユニゾンプラザ)です)

初日に到着した時は、もちろん多くの同胞が僕を出迎えてくれて、一緒に夜遅くまで話をすることができました。

ひとつ面白いことは、映画に出てくる高3の担任パク・テウ先生が、この新潟で生まれたということです。その日僕が出会った同胞の中にはお年を召した方も多く、パク・テウ先生のお父さん、パク・クァンギ先生をご存知という方もたくさんいました。一緒に仕事をしたり、同級生や
先輩や後輩や…。
パク・テウ先生は新潟で初級部3年まで通った後、家族みんなで東京に引っ越しました。

その後、東京のウリハッキョを卒業した後、北海道ウリハッキョへ配属。お父さんは仙台地域に異動されたとのことです。

teu

(パク・テウ先生と奥さんのクォン・ミスンさん、息子のチヨン)

↓をクリックすると続きが読めます。
[金明俊監督・「ウリハッキョ」新潟上映会に行ってきました。]の続きを読む
  1. 2007/11/15(木) 21:46:00|
  2. ★金明俊監督の部屋
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

金明俊監督:「京都でオ・リョシル先生に会いました!」

アンニョンハセヨ

実は 9月 2日から日本にいます。

初日、愛知県瀬戸市に到着して映画上映を終えて翌日は愛知第7初級学校を訪問しました。
そして午後には1世のお婆さんたちがいらっしゃるセトマダンを訪問してお婆さんたちと時間を過ごしました。

夕方に京都に移動して 9月 4日、今日は京都青商会の集まりに参加してさまざまな話を交わしました。

ところで京都で考えもいなかった再会があったので、お伝えします。

なんと、オ・リョシル先生(^^)にお会いしたのです!

元々はこんな予定はなかったのですが 「ウリハッキョ」を京都で上映してからオ・リョシル先生がこの地域の同胞たちの間でも結構話題になり、それで今度私どもを京都まで招待してくださった同胞たちがオ・リョシル先生と私たちを再会するようにしてくださったのです。

kyoto1



オ・リョシル先生は映画に登場する北海道ウリハッキョの21期卒業生です。

映画のどの場面で登場していたか、みなさんがよくご存じでしょう。

現在は朝鮮大学校を卒業して京都朝鮮第3初級学校の幼稚園で先生をしています。

kyoto2


京都朝鮮第3初級学校は学生数 60人位の本当に小さな学校です。

ここでオ・リョシル先生は四人の幼稚園児と共に楽しい生活を送っています。

今も相変らずとてもきれいです。

校長先生が女性なのですが、校長先生以下他の先輩教員たちの愛情をたくさん受けて生活しているようでした。

kyoto4


教室でオ・リョシル先生のすぐ右側にいらっしゃる方が校長先生です。

皆さんご存じヨルリンチャンネルで紹介されたウリハッキョの校長先生です。

それで結構韓国でもたくさんの方が知っています。

校長室のないウリハッキョですが、他の教員たちとともに机を並べながら子供達のために尽力されていました。

kyoto5


オ・リョシル先生、一年先輩教員であるユリ先生と私どもを招待してくださったオモニたちと
一緒にお昼食べながら多くの話を交わしました。

北海道の話や映画の話、ユリ先生が卒業した東北朝高の話などいろいろな話をしました。


オ・リョシル先生は現在ひとり暮らし(自炊)をしています。

それで、ときにはさびしく大変だろうと思います。しかしウリハッキョの子供達がいて周りで面倒を見て下さる先生たちや同胞たちがいるから心配ないと思います。
kyoto6



この子はオ・リョシル先生が教える幼稚園児です。

本当に写真が好きな子でした。

いつか祖国訪問を終えて来て朝鮮の子供たちを育てる仕事をしたいと言っていたオ・リョシル先生。 21期の中で一番早く自分の夢をつかんだことになりますね。



まだ新米教師ですが、オ・リョシル先生が育てる子供達が代を引き継いで民族教育を発展させる

人材になってくれることを願います。




朴素賢助監督と私は明日には東京に移動します。

そこでまた新しい素敵な出会いがあると思います。

時間が出来次第、瀬戸市での上映や瀬戸のウリハッキョ、 セトマダングについても書きたいと思います。

9月 5日からは全国の朝鮮学校学生たちの体育大会である中央体育大会が東京で開かれます。

ここへ行けばパク・ユサ先生も会え、北海道ウリハッキョの運動クラブの子供たちにもたくさん会えるでしょう。今から楽しみです。

さあ、それではまたお目にかかります。

金明俊(2007・9・5韓国公式ブログ記事翻訳)
  1. 2007/09/09(日) 14:15:49|
  2. ★金明俊監督の部屋
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

カム・ウソン氏ウリハッキョへ来る。

kamu1


札幌上映の時、ちょっと特別な事がありました。

「王の男」と「恋愛時代」(現在日本TVで放映中)の主人公であるカム・ウソンさんがウリハッキョを訪問されたのです。
kamu2


学校に到着し、校内を見学しました。
まず寮へ行くと、ちょうど映画を見るために函館からいらしたユンテギのご両親がユンテギとソンテギの部屋にいらっしゃいましたのです。
よい出会いになったと思います。
kamu3


学校の講堂に行く道でオモニ会長であるキム・グアンミさんにお会いしました。
東京での大会でグアンミさんに出会ったという渋谷上映会のピョン・ジョンフィさんがこの写真をみたらきっと焼きもちをやくでしょう(^^)

※下をクリックすると記事の続きが読めます。

[カム・ウソン氏ウリハッキョへ来る。]の続きを読む
  1. 2007/07/22(日) 16:20:39|
  2. ★金明俊監督の部屋
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

金明俊監督・渋谷上映会のはなし

こんにちは。

やっと6月 29日にあった東京・渋谷での自主上映の記事を載せます^^;

私は前日の 28日に東京の羽田空港に到着しました。

到着するやいなやびっくり!
ポスターの主人公チヨンがウチワになって、ある人の手にとられ私を暖かく迎えてくれたのです。
ちよに


日本公式ブログの運営者である Kさん(私だ^^;)の手作りだそうです。

私は Kさんと一緒にリムジンバスに乗ってホテルに行き、一度荷物を置いて、この間上映会を準備してくださったオモニたちに会いに行きました。

私たちが会った場所は、東京のとあるJR駅の近くにある 「チウゲ」という韓国料理店でした。同胞が運営する食堂です。
チウゲで


中央の男性がこの食堂「チウゲ」のご主人です。
そしてその左側にいらっしゃる方が奥様です。

お二人様はウリハッキョに子供たちを送っていらっしゃる学父兄でもあります。

そしてその両隣にいらっしゃる方が美しかった(こんな表現があたるでしょうか)渋谷上映会の主催者です。

チウゲチラシ


食堂の入り口カウンターに置いてあったウリハッキョのチラシを見てこっそり感動しました。
まちうけ


もっと感動したのは、「ウリハッキョ」の携帯待ちうけ画面を見たことでした。

※下↓をクリックすると続きが読めます。

[金明俊監督・渋谷上映会のはなし]の続きを読む
  1. 2007/07/14(土) 08:58:51|
  2. ★金明俊監督の部屋
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

金明俊監督・韓国へ戻りました。

一年生とリ先生


6月末の東京上映から滞在していた日本から、昨日韓国に戻りました。

日本に滞在中は本当に感動的な事が沢山ありました。東京でも北海道でも「ウリハッキョ」旋風が熱く巻き起こっていました。

今日、韓国ウォンジュでの上映会に向けて発ちます。
そのまえに、取り急ぎご挨拶を。

※上の写真は今回北海道で撮ったものです。

初級部 1年の子ども達と担任リ・キョンミ先生のほほえましい姿。

男の子がトンギ。女の子が左からチョニャン、シオン、そしてソヒャンです。

1年生はたったの4人ですが、楽しく学校生活を送っています。

これから、韓国内上映会での舞台挨拶がはじまります。

頑張ります!!

※「ウリハッキョ」韓国公式ブログ7/7記事を翻訳転載しました(K)
  1. 2007/07/07(土) 14:36:50|
  2. ★金明俊監督の部屋
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

金明俊監督・6、7月日程(追加)

先日(6/19)の韓国公式ブログに監督の6、7月日程が載っていました。

6月29日渋谷、7月3,4日札幌以外にも韓国での「観客との対話」予定がびっしりです。

東京も今日はとても暑いですが、韓国も同じ様に暑いそうです。
監督、そしてブログ読者の皆様、体調管理きをつけてください(^^)

パクチヨニ


※映画エンディングに出ていたパク・テウ先生の「赤ちゃん」がもうこんなに大きくなりました。写真は6月に監督が北海道ハッキョの運動会に行った時、小樽で撮ったのだそうです。
ママ似ですね~。かわいい!!!(K)
  1. 2007/06/20(水) 11:34:06|
  2. ★金明俊監督の部屋
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

金明俊監督・6.7月予定

パクテウ先生と


韓国の「ウリハッキョ」公式ブログ今日(2007.6.1)の記事に監督の6.7月予定が載っています。
6月に予定されていたアメリカ訪問がビザの関係でとりやめになったそうです。

↑映画「ウリハッキョ」に登場する、パク・テウ先生(左)との一枚。なんでも韓国ではパク・テウ先生の人気がすごいんだとか・・・。ファンサービスですか、監督。(K)


  1. 2007/06/01(金) 07:06:33|
  2. ★金明俊監督の部屋
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。