「ウリハッキョ」自主上映・日本公式ブログ

「ウリハッキョ」ー北海道朝鮮初中高級学校での日常を描いたキン・ミョンジュン監督のドキュメンタリー映画(2006年釜山国際映画祭雲波賞受賞作品)の日本自主上映・公式ブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

これが噂のテープ500本!

アンニョンハセヨ。助監督です。

皆様、お元気ですか^^

劇場で封切りになったら製作過程を少しずつお見せしていこう…と
思っていましたが、
今日はその第一弾です。

色々な記事に載った例の
60分6mm DVテープ 500個です !

ジャジャーン!!
テープ


製作過程で仕事部屋を 2度も引っ越したのですが、仕事部屋を移す度に一番気を使って扱うのがこれです。

引っ越しセンターの作業員の方々を一番てこずらせたのもこれでした。
一やつでも無くしはしないか、壊れはしないか...
とても大事な宝物たちですから。

北海道ウリハッキョの3年間がそっくりそのまま収められていると言っても過言ではないでしょう。
棚は特注、チェリー色のシートは監督が自ら張ったものです。

♪ テープ10個ずつに大きさがぴったり! オーダーメードの仕切り、中がよく見えるガラス窓、高級感漂うチェリー色!!
ただ、扉を開く時に少々難があることを明かしておきます。 フフ

編集期間が 2005年から封切り時まで
これも色々な記事で 1年7ヶ月がかかった…という言葉をよくお聞きになったことでしょう。
そのうち 1年間かかったのがテープの内容記録です。
テープの内容をタイムコードとともにすべて記録しなければなりません。

※↓をクリックすると続きが読めます。


私達が映画を作るのに本当に多くの方々に助けていただきましたが、この記録過程で私が本当に感謝したい方がいらっしゃいます。
映像メディアセンターメディアクトメディア教育室長でいらっしゃるハハおじさんーオ・ジョンフン室長!本当に感謝しています。

ハハおじさんは立派なドキュメンタリーを多く製作された大先輩です。
山形国際ドキュメンタリー映画祭にも招待された <3本足のカラス>の監督でもあります。

ドキュメンタリーの演出が初めとなるキム・ミョンジュン監督に内容記録の方法と大切さを教えてくださり、また、私がメディアクトに行く度に作業進行過程をチェックしてくださり、記録の方法も一緒に悩んでくださり、私に助監督として持たなければならない素養と徳目も教えて下さり..^^

そして、出来上がったのがこの記録ファイルです!
jo


監督がテープを記録したものを私が横でファイルに整理し、そのファイルをまたエクセルで整理しました。

一日にテープを3本くらい記録しました。
一日の目標を決めて、その分は必ずこなそうと決意!!!

60分のテープだから一日に 10ヶくらいはできるのではないか…と思ったら大きな間違いです。

撮影場所、撮影日付、撮影時間のチェックをしてタイムコードに合わせ状況説明、対話内容、カメラレンズチェックまで 60分のテープを一つを終えるのに 3~4時間はかかりました。

一度は監督が一週間ほどソウルを留守して作業ができないことがありました。それで初めて私が一人で記録をした日。

それまで私が監督を苦しめたこと。目標を達成することが出来ないと言っていじめたこと…今まで本当に申し訳ないことをしたと後悔しました。(TOT)

それから、チヘ助監督が加わることになって、仕事は順調に進行していきました。

記録を始めた当時、仕事部屋へ頻繁に来ることができなかったチヘは家にテープを持って行ってスジェのインタビュー記録を完成して来る熱意を見せたりもしました。

そうして出た記録ファイルです。
ファイル


この記録ファイルを土台にして、先にペーパー上で編集をします。
紙編集で映画を作っておいて、o.k カットのみをペーパーで編集した順に編集します。 それではじめに出来たものは7時間でした。
そして詳細を編集して行きました。

その次が 4時間、次は3時間 30分、次には3時間…そしてやっと2時間10分!

あ~ こうして整理をしようとすると、その時の記憶が次々と浮び上がります。
今この瞬間、その時の事を幸せな記憶として心に残すことができるのは
映画をご覧になった多くの方々がウリハッキョの子供達に出会い、涙を流し、「一緒に行こう!」と 話しあってくださるからだろうと思います。

ウリハッキョの同胞たちも「よくやった、頑張ったね」と励ましてくださり…本当に幸せです。

そして映画「ウリハッキョ」のような長編ドキュメンタリー製作において私達が経験した試行錯誤と経験が、不十分ではありますが、他の作業に少しでもためになればと思います。

それじゃ、また。
長たらしい文、読んでくださってありがとうございます。

※今回、新たに日本ブログに「助監督の部屋」を設けました。この記事が第一弾ということですので、これから映画の製作過程についての記事、楽しみです(K)


スポンサーサイト
  1. 2007/07/26(木) 19:48:10|
  2. ★朴素賢助監督の部屋
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1
<<愛知・瀬戸での「ウリハッキョ」上映会、チケット発売開始!! | ホーム | 大阪・泉州上映会 7/29!いよいよ!今週日曜!!>>

コメント

「ウリハッキョ」予告編を携帯で

「ウリハッキョ」のロゴを携帯の待ち受け画面にしている方はすでにたくさんいらっしゃるとおもいますが、昨日「ウリハッキョ」の予告編(動画)を携帯で再生できる作業に成功しました。もしかすると、すでに携帯で見ている方がいらっしゃるかも知れませんが・・・ キャリアはauです。そんなに難しい作業ではありませんので、もし希望者がいらっしゃればお教えします。メールでご連絡ください。 ゴールキーパー
  1. 2007/07/27(金) 06:08:40 |
  2. URL |
  3. chcforum改めゴールキーパー #JalddpaA
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://urihakkyo.blog105.fc2.com/tb.php/110-72d848fe
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。