「ウリハッキョ」自主上映・日本公式ブログ

「ウリハッキョ」ー北海道朝鮮初中高級学校での日常を描いたキン・ミョンジュン監督のドキュメンタリー映画(2006年釜山国際映画祭雲波賞受賞作品)の日本自主上映・公式ブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ikさん:「感想文に挟まれた1万円札の謎」

 地元、北区での上映会での話です。

 上映会は9月8日と9日の各2回行われたのですが、私は例のごとく『本』の宣伝と販売を兼ねて4回とも参加しました。

ik


 何回見ても、噴出したり、泣けちまう映画です。

 2日目の午後の部の開演前に行ったところ、前日の上映会での1通の感想文で話題もちきりです。四つ折で提出された感想文に1万円札がはさまれていたというのです。

 寄付者の手がかりは、感想文に記された「もしも億万長者だったら…。少なくてすみません」との短い文だけです。

 ウリマル、それも書きなれた筆致から、同胞に間違いないという意見で一致したものの、「若い女性の文字だ」とか、「ティヨ スギからして、50代以上だろう」とか、「いや、一世の手によるものだ」とか…

 関係者は皆、思い思いに「推理」をめぐらしていました。

 夕方の部が始まる前には、「昨日、映画に強い関心を示していた、韓国の演劇関係者が置いていったのでは」との意見も出されました。

 映画「ウリハッキョ」は、大きな感銘を与え、人々に思いもよらぬ行動をおこさせ、それがまた、大きな波紋をもたらすようです。

 先週、あるホームパーティーにメーンゲストとして招かれた監督の話が思い出されます。「日本各地の上映会で、同胞の話を聞く機会が多いが、地域ごとに『物語』をもっている」とのことです。

 各地の上映会でもまた、新たな『物語』が数多くつづられていることを確信した、そんな2日間でした。

 上映会に参加して、思ったことが一つあります。主催者側に「日本語字幕」が付いているのか、との問い合わせが幾つかあったそうです。チラシやブログの案内に「日本語字幕付」と明記してはどうでしょう。


 追・2日間で売れた書籍のベスト3、そうは言っても持参したのは4種類だけでしたけれど。
  1-『私たちの東京朝鮮第三初級学校物語』
  2-『アジュンマのソウル留学日記』
  3-『東京大空襲・朝鮮人罹災の記録』パート2
詳しくは
http://www4.ocn.ne.jp/~uil/p.htm

※当ブログの広報係(^^)ikさんのブログ「トンポ・トンネ 日々イモジョモ」より記事を転載させていただきました。
スポンサーサイト
  1. 2007/09/11(火) 12:14:46|
  2. ◎東京・上映会情報
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<Combattler-Vさん:『ウリハッキョ』観て来ました! | ホーム | 11月3日・「ウリハッキョ」新潟上映会決定&ブログ開設♪>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://urihakkyo.blog105.fc2.com/tb.php/151-5ea6c6ab
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。