「ウリハッキョ」自主上映・日本公式ブログ

「ウリハッキョ」ー北海道朝鮮初中高級学校での日常を描いたキン・ミョンジュン監督のドキュメンタリー映画(2006年釜山国際映画祭雲波賞受賞作品)の日本自主上映・公式ブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

翻訳者紹介♪

5月のブログ開設以来これまで「ウリハッキョ」の韓国公式ブログの翻訳を沢山の方に手伝ってきていただいてきましたが、最近はボランティア希望者がおらず、なかなか翻訳記事を掲載できずにいました。

しかし、つい最近、翻訳ボランティアをしてくださるという方からメールをいただきました♪♪

pak



京都のウリハッキョ卒業生朴洪実(ぱく・ほんしる)さんです。

ホンシルさんには締切は特にないので、時間があるときに…と頼んだのですが、数編の記事があっというまに翻訳されて添付ファイルで私の手元に送信されてきました。(TOT)本当にありがとうございます。

記事は来週から順次ブログに掲載させていただきます。

今日は、ホンシルさんからいただいた自己紹介文を先に紹介させて下さい。↓

★ ★ ★

朴洪実(ぱく・ほんしる)

京都生まれ京都育ちの在日コリアン3世です。
小学校の頃から「日韓のかけはし」であり続けたい、という夢を持っていました。
日本で生まれ育った在日コリアンとしてしっかり生きていくためには、「ウリマル習得」と「アイデンティティの確立」のために民族学校へ通い、「日本での社会常識」を得るために日本の義務教育も修了する必要があると考え、両方の高校を卒業しました。その後、日本の大学へ進学し、日韓ワールドカップが開催される前年に韓国ブームを見込んで、ソウルへ留学しました。

今回、このすばらしい映画のために、そのときの語学力でお力添えできればと思い、翻訳を申し出ました。
現在は大阪商社に勤める会社員であり、英語や貿易実務の勉強中なので多忙ではあるのですが、少しでも早くウリハッキョブログの内容を日本語でお伝えできるよう、がんばります(^-^*)ファイティン!

※写真は私の妹たちです。ホンシル、クムシル、チョンシル、キョンシルです。
全員ウリハッキョに通っていました。私は右から二番目です。

◆プロフィール

1975年 11月京都生まれ
1986年 京都砂川小学校より、京都朝鮮第一初級学校へ転校
1993年 京都朝鮮高級学校卒業
1998年 京都朱雀高校通信制卒業
1998年 京都大谷大学文学部社会学科入学
2001年 韓国東国大学社会学部ソウルキャンパスへ留学
2002年 京都大谷大学文学部社会学科卒業(犯罪心理学専攻)
2002年 トランスコスモス株式会社勤務
2003年 株式会社NOVA勤務
2005年より現在まで 商社アトライズヨドガワ海外部勤務

◆その他
出版物→「2泊3日の韓国語会話」(三修社) 現在CD付第2版まで出版中
ML→http://www.geocities.jp/hongsilpark/ml.html
HP→http://www.geocities.jp/hongsilpark/index1.html


※DVD発売やこれからの各地方での上映予定などについて何通か問い合わせのメールをいただいておりますが、確定しだいアップしていきますので、しばらくお待ちください。(K)
スポンサーサイト
  1. 2007/11/11(日) 23:17:21|
  2. 管理人室
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1
<<11/24・札幌「ウリハッキョ」上映します。 | ホーム | 12/7・北海道・愛別にて「ウリハッキョ」アンコール上映会>>

コメント

さっそくのUP^^

ほんしるです☆
ソウルから戻ってまいりました~♪
さっそく翻訳記事をUPされたんですね^^
ソウルへの出発前に、お送りしたいと思い
一気にお送りしてしまって。笑 すいませんでした。

私もウリハッキョ出身だけに力が入ります。
次回も担当いたしますので、遠慮なくご連絡くださいね☆

でも、私まだ映画見てない・・・ごめんなさい(>_<)
  1. 2007/11/15(木) 14:40:56 |
  2. URL |
  3. ほんしる #VNH3F07c
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://urihakkyo.blog105.fc2.com/tb.php/174-8755640a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。