「ウリハッキョ」自主上映・日本公式ブログ

「ウリハッキョ」ー北海道朝鮮初中高級学校での日常を描いたキン・ミョンジュン監督のドキュメンタリー映画(2006年釜山国際映画祭雲波賞受賞作品)の日本自主上映・公式ブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

「ウリハッキョ」を守ってきた人たち

子供達と


校長先生-「私たちは、ウリハッキョの教員である以上、この学校を愛さなければなりません」

先生達-子供たちと、語り、遊び、夏には遠路はるばる家庭訪問・・・こどもたちの両親たろうと、師であろうと、全力投球で働く人々

ウリハッキョの子供たち-自分の存在価値を知り愛する術を知っている子供たち。心洗われるほど純真で、愛らしいこども達。共同体を誇り、飾らない真心を精一杯表現することのできる子供たち。存在そのものが、ありがたく、尊い子供たち。

同胞達-資金を集めウリハッキョを創り、体をはってウリハッキョを守ってきた大きな山のような存在。悲しみや後悔を抱えながらも「自分たちのもの」を守る使命を背負って献身的に歩む両親たち。

キム・ミョンジュン監督と製作スタッフ-温かいまなざしで子供たちを理解し、在日朝鮮人の生き様を自分の人生の一部とした人、映画は技術で撮るものでないことを教えてくれた人。

北の祖国 - ウリハッキョの子供たちに「祖国」の意味を教えてくれた、北側の祖国

観客-泣き声がもれるのが恥ずかしくて、ジャンパーをくわえて泣いた僕、そして韓国人たち…、心を開いて共に歩もうとする日本の人達

(以下、略)

※東京・荒川区在住meruさんの翻訳でした。感謝!!(^^)(K)
スポンサーサイト
  1. 2007/06/22(金) 06:53:10|
  2. 韓国人の見た「ウリハッキョ」
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<「ウリハッキョ」観客数 67,898名(6月17日現在) | ホーム | 藤代先生から学んだこと>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://urihakkyo.blog105.fc2.com/tb.php/55-e1602f9a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。